ラグビーが大好きなんです

大学ラグビーが大好き!特に関東対抗戦が大好きです。ジャパンも好きです。トップリーグも少し好き。

サンドウィッチマンと清宮克幸さん ラグビーワールドカップについて語る

ラグビー新リーグ構想について語る(3)からの続きです。

 

www.dragontry1987.com

 

日本ラグビー協会副会長に就任したばかりの清宮克幸さんが、TBSラジオのWe Love Rugbyで、ラグビーワールドカップについてサンドウィッチマンのお二人(伊達みきおさんと富澤たけしさん)と話していました。

 

f:id:dragontry:20190831194913j:plain

 

 (伊達みきお)さぁ清宮さん、ワールドカップ間もなくですけど、ワールドカップのお話をさせていただきたいんですが、先日清宮さんはですね、代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチをワールドカップ以降も続投させたい、させるっていう案を発表されましたよね。やっぱりジェイミージャパン非常にいいですか。

清宮克幸)この2試合は十分でしたよね。ちょっとアプローチが、周りが用意したこと、準備したことと違うことをやりましたよね。要は、サンウルブス使って日本代表を強化すればってこっちの人は絵を描いていたんだけど、ジェイミーは、オレのやり方は違う、サンウルブスと違うチームを出して、自分のチームは自分の目の前でぐぅっと育てたっていう。これ賭けですけど、それを、アイツは言うこと聞かねえとかね、アイツはこれだけ予算かけたものを無駄にしたとかね、そういう声って全然いらないわけですよ。純粋に選手たちがどう成長していて、どういう状態でワールドカップ迎えるかっていうのを見ていれば、これは次もジェイミー・ジョセフに任せた方が絶対いいっていうのをこの半年くらいで、今年1年の動きを見ていて僕は思ったんですよ。

富澤たけし)もしワールドカップで全敗してもですか。

清宮克幸)うん、まあしょうがないでしょう。

伊達みきお)お前、そんな話よくしたな、今(笑)

富澤たけし)いま、続投だっていう。

伊達みきお)全敗なんてするはずないだろ。

清宮克幸)ただね、監督って、自分のほんとに人生賭けていますから、全敗してそのまま次もやりますってなかなか言いにくいですから。

富澤たけし)もし言ったらどうするんですか。

伊達みきお)この状況で言えないでしょ。

富澤たけし)もし言ったらどうするんですか。

伊達みきお)うるせえな(笑)黙ってろお前。

清宮克幸)いやめっちゃいい質問だと思う。(ためて)やらせないかなぁ。

会場爆笑

伊達みきお)何なんですかお互いに。そこはやらせるでいいと思うんですけど。清宮さんそんな強気で来てるんですから。

富澤たけし)オレはやめないぞってきたら。

清宮克幸)そのあたりも含めてね、僕はあと1年半から2年、ワールドカップ後の日本代表をジェイミーに任せるべきだと思ってるんですよね。連続性ってあるじゃないですか。

伊達みきお)あのー、のちにっていうか、清宮ジャパンなんていうのは。

清宮克幸)ないですよね。

富澤たけし)あれ

清宮克幸)僕はこっち側に来ましたから。

伊達みきお)あれ

富澤たけし)ははは

清宮克幸)ないですよ、ないですないです

 (伊達みきお)依頼はあったと思うんですよ。

清宮克幸)ないですねえ。全くないですねえ。

伊達みきお)ほんとですか。優勝請負人のね。

富澤たけし)もし後々の流れで、やって欲しいんですけどってなったら。

清宮克幸)いや、やらないです。

伊達みきお)やらないんですか。あんまり魅力ないんですか。

清宮克幸)いや、そんなことないですよ。自分の中で区切りを付けました。

伊達みきおヤマハ

清宮克幸)はい

伊達みきお)もったいないですよ。

清宮克幸)もったいなくないですよ。こっちの方が大変ですから。日本のラグビー全部しょってるんですから。

伊達みきお)確かに、そうかー。

清宮克幸)日本代表の監督は日本代表をしょいますけど、僕は今、日本のラグビーをしょっていますから。

伊達みきお)協会をがっつり背負ってますもんね。それがラグビー界にとっては清宮さんが中に入ってくれたっていうのがすごく変わりそうだなって思いますしね。なるほど。

清宮克幸)そこを期待されてると思いますし。

伊達みきお)そうですよね、まずそこですもんね。

富澤たけし)だったら監督もしょえばいいのにって思いますけど、ねぇ(笑)

伊達みきお)しょいすぎだよ。一歩も歩けなくなるよ。

富澤たけし)しょい過ぎなんですか。

清宮克幸)監督やる?

会場爆笑

伊達みきお)そんな簡単に富澤ジャパン。ルール知らない監督。

富澤たけし)バックスわかんねえんだよな。

伊達みきお)そんな監督いらねえよ。

書き起こし終わり