ラグビーが大好きなんです

大学ラグビーが大好き!特に関東対抗戦が大好きです。ジャパンも好きです。トップリーグも少し好き。

ラグビーW杯開幕1年前だというのに、なぜまったく盛り上がっていないのか

本日は、2019ラグビーW杯の開幕ちょうど1年前です。

ご承知のとおり、2019ラグビーW杯は日本で開催されます。っておそらく日本人の0.1%くらいしか知らないと思います。

どうしてこれほど盛り上がりに欠けるのでしょうか?一般世間の認知が得られていないのでしょうか?

 

それはトップリーグがダメダメだからです。

 

以前日本のラグビーリーグであるトップリーグが盛り上がらないことを書きました。 

dragontry.hatenablog.com

前回はボクが尊敬するえとみほさんのnoteをベースにトップリーグのダサさについて書きました。えとみほさんのnoteです。

note.mu

今回は河内一馬さんのnoteを見て、ラグビーについても書きたいって思いました。河内一馬さんのnoteです。後半有料ですが、前半だけでも充実しています。でも後半も読んでほしい記事です。

note.mu

 

 トップリーグが盛り上がらない最大の理由は、その閉鎖性にあります。

 

トップリーグの試合でピッチの周囲に貼りだされる広告のほとんどは、トップリーグ加盟チームのスポンサー会社のものです。サッカーキリンカップなんかでKIRINのデジタルサイネージが映っているあそこに(サッカーW杯では中国企業ばっかり映っていましたね)、サントリートヨタ自動車キヤノンやリコーや豊田自動織機日野自動車パナソニック東芝やその他加盟チームのスポンサー会社の看板がずらっーと並んでいるんです(一部違う看板もありますが)。

 

トップリーグを見に行ったことがある人に聞きます、おかしいと思いませんか?

トップリーグを見に行ったことがない人に聞きます、おかしいと思いませんか?

 

トップリーグ加盟スポンサー以外からも、がっつりお金を集めて、リーグに還元するのが本来の姿ではないですか?

 

ファンのすそ野を広げて来場者やJスポーツの観戦者を増やす

認知が広まりスポンサーが集まる

リーグにお金が集まり加盟クラブひいては日本代表が強くなる

ファンのすそ野を広げて来場者やJスポーツの観戦者が増える

 

これが目指すサイクルでしょう。

ところがトップリーグは資金力のある内輪の集まりだから、加盟クラブのスポンサー会社は自社の宣伝になればOKとしか考えていない。チームスタッフはそんなことないっ!って思っているかもしれないけれど、加盟クラブのスポンサー会社(もう面倒なので親会社といいます)の役員会ではその程度の認識しかないはずです。

 

日本の他のプロスポーツは違います。

プロ野球のスタジアムに掲げられている広告のほとんどは12球団と関係ないものです。

JリーグBリーグなんて、チーム名から親会社の企業名を取っ払っちゃいました。これすごいことですよね。特にJリーグなんてオリジナル10のころは企業名がガンガン乗っかっていたのに、途中から取っ払っちゃうなんてすごいとしか言いようがありません。ASフリューゲルスが懐かしい。

J1はそこそこの企業の看板がピッチを囲んでいますが、Jリーグの親会社の看板だけってことはありません。Bリーグ(ボクが知っているのはシーホース三河だけですが)はまだ創設間もないため、アイシン精機グループの広告(フラッグ)が多く見られますが、それでも地域の中小企業のフラッグも結構あります。

 

トップリーグは創設されて15年経つのにまったくスポンサー集めをしていません。

 

ホントに内輪しか見ていないんです。人気が出るわけありません。

 

現時点でラグビーの試合で一番観客が集まるのは、大学ラグビーの早稲田対明治の試合です。この10年は、国立競技場(壊しちゃったアレです)が満員にはなりませんでしたが、国立競技場取り壊し後、キャパ3万人弱の秩父宮ラグビー場は完売です。こないだトップリーグの試合で豊スタに3万人入りましたがあれはトヨタ自動車の力です。その大学の試合に3万人集まるのに、トップリーグになると1万人が精一杯です。

 

早明戦なんて特定の大学のイベントじゃんって言うかもしれませんが、これだけわかりやすい土壌があるのにトップリーグの発展につなげられないなんてやる気がないとしか思えません。

 

 

代表選手を輩出すべきトップリーグがこれだけ内輪向けなんですから、日本代表やせっかく日本で開催されるW杯だけ上手にプロモーションできるわけありません。

 

次回は日本代表のプロモーションの下手さ加減について書きます。