ラグビーが大好きなんです

大学ラグビーが大好き!特に関東対抗戦が大好きです。ジャパンも好きです。トップリーグも少し好き。

どうしてトップリーグは盛り上がらないのか(その3)

えとみほさんにインスパイアされて書いたブログの3回目です。

 

dragontry.hatenablog.com

dragontry.hatenablog.com

 ラグビーのコアファンは新規ファンを求めています。

 

スタジアムに行くと、あちらこちらでコアファン(らしい人)が新規ファン(らしい人)に、ルールやプレイを解説しています。今年の6月に、豊田スタジアムでジャパン対ジョージアの試合を観たときも、ちょっと複雑なプレーや反則があると、そこらじゅうで内容を解説している声が聞こえてきて、正直笑っちゃいました。

かくいうボクも同行の新規さんに、語ってしまいました。もう、聞いて欲しいんですよ、うんちくを。

ラグビーファンは、語り合いたい相手が欲しいんです。野球やサッカーだと、チームや選手は知らなくてもルールを知らない人はほとんどいませんからね。

 

もちろん協会やクラブ関係者は、既存ファン以上に、どうしたら新規ファンを獲得できるか日々頭を悩ませていると思うんです。

 

で、ここでえとみほさんが提言した、クールなプロモーションなんです。

note.mu

ホントにこのnoteは読んで欲しいんですけど、一言でいうと、カッコいいって思ってもらえないと新規ファンは増えないよっていう内容です。

そうなんです。だってカッコよくないと、デートに誘うのも躊躇しちゃうますよね。

ボクは、Bリーグを見に行ったきっかけは職場の知人に誘われたことでした。行ったら、プレーが面白いだけじゃなくて、エンターテインメントをものすごく意識していて、これはいいものに誘ってもらったと、その知人に感謝しました。

 

白熱した試合というのはもちろん超重要です。でもスポーツコンテンツでは、つまんない試合をなくすことはできません(減らすことはできるでしょうが)。

 

協会やクラブ関係者には、コアファン対策ももちろん大事ですけど、新規ファンが「面白かった!」って言えるような施策を打ち出してほしいものです。

そしたら、今以上にボクも知人をスタジアムに誘います。